柴犬りん
昨日は比較的暖かかったのに。今日は……
288C5A0B-473B-49B8-A5EE-ECC09B5CEDFF
毎度おなじみになってしまった、お散歩のりんちゃん。
毎回雰囲気が違って見えるのは、なぜ?

6B79558A-28C4-4C81-AACC-9AC28324050C
夕飯をねだっているりんちゃん。
38E3680D-CAAC-4827-96B5-6B0F1DF716D4
「ご飯🍚ちょうだいよ」


軽キャン?でもない話題です。

この頃の自動車業界は、電気自動車、PHV、安全対策等大変だなぁと思う。
昨年末、yahooニュースに、
空気不要「エアレスタイヤ」車両軽量化、省資源に貢献 各社が開発加速
という記事が出ていました。

ブリジストンが、循環型社会を見据えた次世代タイヤの開発を加速しているとの事。
空気を充填しなくても済むので、スペアタイヤ不要。夢のようなタイヤです。
住友ゴム工業など競合するからタイヤ大手各社も注力しており、開発競争が過熱しそうだと。

記事中には、ブリジストンのパンクしないタイヤを装着した自転車が紹介されていました。
0E27E14D-FD0F-494D-BAEF-5E42EBE4B249
F11F3F66-3429-486B-87D5-220EF632D078
(yahooから写真借用)

ただ、四輪車に適用するには、乗り心地と耐久性を高次元で両立したエアレスタイヤが求められる為、さらなる技術の進化を狙う。との事でした。

世界的な自動車保有台数の増加に伴うゴム資源の不足問題が指摘される中、競合各社も省資源タイヤの開発に力を入れているみたいです。
既に東洋ゴム工業は独自開発のエアレスタイヤを軽自動車に装着して120キロの走行試験で耐久性を実証した他、住友ゴムは商品ライフサイクル全体の環境性能を高めた新素材タイヤを32年に開発する方針を打ち出したとの事でした。

自動車のあらゆる運転を支えるタイヤ。耐荷重と耐久性のクリアが課題です。
しかし、それは今までのタイヤにも言えた事です。
日本の技術力でクリア出来るはず。実用化は目前か?
近い将来には、エアレスタイヤを装着したEVやPHVが普通に走行しているかもしれません。
キャンピングカーにも装着されているでしょーか。

本日はこのあたりで。読んでくださりありがとうございました。
512E718C-5FB9-4DCD-BEE4-8D36F6C4D13B


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 黒豆柴へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村






黒柴犬ランキング